インプラント

素材の違いを知る

熊本の多くの歯科では、抜けた歯の変わりにインプラント治療が行なわれています。インプラントに使われる主な素材が純チタンで、骨と結合しやすい特徴があります。アレルギーが起こる人にはジルコニアのものがいいでしょう。

歯科

歯の白さを大事にする

綺麗な白い歯を実現するために草加の歯科ではいろいろな治療方法を用意しています。例えば、銀歯の変わりにセラミックを用いたり、白い詰め物を使ったり、薬剤で黄ばみを落とす方法などがあるのです。

早期発見で歯を残す

歯型

食べ物を噛んだときに歯が痛んだり、何をしていなくてもズキズキする場合は虫歯になっている可能性があります。そんな虫歯は、酷くなると歯を抜かなくてはいけなくなってしまうのです。そんな状態に陥らないようにするためにも気になる症状が出たときは、江坂駅周辺の歯医者さんで口内のチェックをしてもらうようにしましょう。江坂駅の近くにある歯医者さんでは、状況によって通院の回数や処置の仕方が変わります。例えば、虫歯の深さが1ミリから3ミリ程度で自覚症状がほとんどないという初期のものなら、1回の治療で完治することができるでしょう。その際の治療方法の1つが、虫歯の部分を取り除いて樹脂で穴を埋めるというものです。この穴に詰め込む樹脂は柔らかいので穴を綺麗に防ぐことができ、光を当てることで綺麗に固められます。色も歯と同じ白色なので違和感もありません。江坂の歯医者さんへ2回から3回の通院が必要になる場合は、金属の被せ物を使うことがあります。歯の面積の3分の1程度になると、樹脂の詰め物では対応できなくなります。それを使ってしまうと、折れたり欠けたりしてしまうからです。こういった中程度の虫歯の場合は、被せ物の厚みを考えなくてはいけないので症状の部分よりも大きく削る必要が出てきます。江坂駅近くの歯医者さんでは、虫歯が神経に達した場合に歯の内部の根管治療を行なっています。根管治療の場合は、数回重ねて治療が必要になってくるのでなんども足を運ばなくてはいけません。さらに進行が進んでしまったときは抜歯を行ないます。

歯型

矯正器具の違い

名古屋の矯正歯科ではいろいろな歯並びに対応できるよう、ワイヤーでの矯正が行なわれています。この方法なら細かく動かす位置を調整できるのです。見た目が気になる場合は審美ブラケットや裏側矯正もあります。

Copyright © 2016 歯医者さんは状態を診て虫歯の治療をしてくれます All Rights Reserved.